So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

大市民流FX資産構築メソッド(人生設計プロジェクト)~10年で億単位の資産を構築するための方法~ [マネー]




過去のシミュレーションにおいて最高のパフォーマンスを出し、なおかつリスクを最小限に

抑えた完全オリジナルのFX投資手法が出ました。

それも、他でよくあるような2年から3年程度のシミュレーションではなく、2001年から現在に

至るまでの、約16年間に渡るシミュレーションを行っています。

完全無裁量でルールはとてもシンプルですのでFX初心でも出来ます。

しかも作業に要する時間は1日で1分から5分程度です。

つまり、誰が実践しても同じ結果となる再現性を持った手法です。

将来にわたって資産運営を考えている人なら、やらない選択肢は無いと断言出来るほど自信を

持ってお勧め出来る商品です。


大市民流FX資産構築メソッド(人生設計プロジェクト)~10年で億単位の資産を構築するための方法~


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

FXのリスクについて [マネー]

FXは元本保証の取引ではないので、損失を被った場合にはそれを全て、投資家がかぶることに

なります。そのため、事前にFXが持つ「リスク」を十分理解しておく必要があります。

リスク回避を丁寧に行っている人ほど、FXで勝ち残ることができるのです。

FXはインターネットを利用して、パソコンで取引を行う方法がメインです。

その分、パソコンが壊れたり、ウイルスなどに感染したり、プロバイダの側の理由で回線が

利用できなかったりする、というリスクは常につきまといます。

これを「オンラインリスク」といいます。

またFXで最も大きいのは「為替変動リスク」です。為替の値動きを予想して投資するのですが、

思ったように為替変動がおこらないこと、思ったこととは正反対に動くことなど、常に為替変動

リスクはあります。

「金利変動リスク」は各国の政策金利が変動することがある、というリスクです。

「流動性リスク」は、流通量が少ない、流動性が低い通貨は「自分が売りたいときに、

決済ができない」という状態も起こりうる、ということです。

「信用リスク」は、FX業者が破綻するリスクのことです。

このとき利用者は「自分が預けたお金が返ってこないかもしれない」「取引の機会を失うかも

しれない」ということになります。



【1周年記念特典プレゼント中】ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~世界中を旅しながら「毎月70万円」を稼ぎ続けるツール登場!ドラストFX

FXの醍醐味はレバレッジです [マネー]

FXの醍醐味として「預け入れた証拠金よりも大きな金額の取引ができる」ことがあります。

逆に言いますと「少額の元手で取引が開始できる」ということです。

レバレッジは「てこ」という意味です。てこを使えば、小さな力をかけるだけで、大きな力を

引き出すことができます。

FXには、レバレッジというシステムがあるおかげで、小さな為替変動でも大きな利益を出す

ことや、少額の証拠金でも、大きな金額の取引が出来ることなどが、メリットとして

あげられます。

たとえば、レバレッジを100倍に設定すると「証拠金10,000 円×100 倍=1,000,000 円」

となり、1 万円の証拠金で100 万円分の取引を行うことが出来ます。

1ドル=100円で購入したドルは、1,000,000 円÷100 円=10,000 ドルです。

後に1 ドル=110 円になった場合には、10,000 ドル×110 円=1,100,000 円となります。

つまり10 万円の利益を得られることになりますね。

ただし、儲かっている場合はいいのですが、逆に損をしている場合にも、同じ倍率が

適用されます。

たとえば1ドルが90円になった、といった場合には、10万円の損失をこうむってしまいます。

このことからも「基礎を理解してなければ、FX取引に取りかかれない」「高いレバレッジには、

FXに慣れてから挑戦すべき」ということが、おわかりいただけるでしょう。

現在ではレバレッジは25倍までに規制されています。



【1周年記念特典プレゼント中】ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~世界中を旅しながら「毎月70万円」を稼ぎ続けるツール登場!ドラストFX

FXで勝つためのレバレッジについて [マネー]

FXは「少額の投資資金でスタートできる」「レバレッジをきかせれば、大きな金額の取引が

できる」という仕組みがあります。

しかし「仕組みがある」ことと「それを使わなければいけない」ということは、必ずしも一致

しません。

特に、初心者の間は「資金力がない分、損失への備えもできない」という点に注意が必要です。

レバレッジを高くすると、損失を出した時には、それを補填する資金力がなければ、FXを続け

られなくなってしまいます。

レバレッジは1 倍にすることが、一番リスクを抑えることができます。

それですと、FX取引の醍醐味を味わえない、というのも事実です。

リスクに耐えられるようにするには、およそ3倍程度のレバレッジまでにしておくとよい、

とされています。

証拠金が50万円あれば、「ドル/円」「円/ドル」のペアで、1万通貨の取引が出来ます。

レバレッジを3倍にしておくと、相場変動20%ぐらいまでは耐えられ、マージンコール、

ロスカットの心配がなく、安心です。

もっと為替の変動が激しい通貨の場合には、20%以上になる場合には、レバレッジを2 倍にする

くらいが、ちょうど良いでしょう。

現在、レバレッジ規制が行われるようになり、400倍などのレバレッジを使える業者は

なくなりました。

今では個人口座では、「最大25倍」になっています。

初心者の間は5倍を超えるレバレッジには、手を出さないようにしましょう。


【1周年記念特典プレゼント中】ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~世界中を旅しながら「毎月70万円」を稼ぎ続けるツール登場!ドラストFX
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

FXで最も多いスイングトレードとは [マネー]



FXで「スイングトレード」と呼ばれるのは、数日~数週間で売買を終わらせるトレードです。

ポジションを保有する期間は3日~1ヶ月くらいです。

「スイングトレード」は、「デイトレードまではできないけれど、利益を積極的に出したい」と

いう人向けのトレード手法です。

デイトレードでは、数十銭の利益をコツコツ出していきますが、「スイングトレード」では、

数円の利益を目指していきます。

本業が別にあり、レートの動きをずっと追ってはいられない、という場合には、

「スイングトレード」が適しています。

注意すべき点は、スワップについてです。

ほとんどの通貨ペアでは「買い」ポジションのときにスワップを受け取り、「売り」ポジションの

ときにはスワップを支払います。このため、「売り」ポジションの場合には、保有期間を短くして、

損切りをきちんと入れることが、「スイングトレード」で利益を出していくための、大切な

ポイントとです。

逆に「買い」ポジションのときには、スワップを受け取ることができます。

「スイングトレード」では「買い」と「売り」で少し戦略を変える必要が出てくるのですね。

このような考え方は、ポジショントレードという手法でも同じような戦略が必要になります。


【1周年記念特典プレゼント中】ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~世界中を旅しながら「毎月70万円」を稼ぎ続けるツール登場!ドラストFX
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

FXでロングとショートとは [マネー]



FXで「買い」をロングと呼んだり、「売り」をショートといったりする場合があります。

これは「株式投資」の場面からきている用語です。

株取引の場合には、「空売り」した場合には半年以内に買い戻さなくてはいけない、という

決まりがあります。

逆に、買ったものを長い間、保有するのはごく普通のことです。

売りの状態を長く続けることができないため「ショート」と呼ばれ、買いの状態は長期間続ける

ことができるため「ロング」と呼ばれます。

FXの場合は、売り・買いポジションの保有できる期間に違いはありません。

FXには「なにか難しそう」というイメージがあるのは、このようなカタカナ用語や、独特の

言い回しが出てくることも、理由の一つです。

他にも「ナンピン」「塩漬け」などの言葉にも、戸惑う人がいるようです。

このような用語は「無理におぼえなくても良い」のですが、余裕ができたら理解ができる

ようにと、一つ一つ憶えていくと良いでしょう。

FXの解説書などを読んでも、意味がわからなければ、FXそのものが面白くなくなって

いくからです。

カタカナ用語や専門用語が次々と出てきて戸惑うかもしれませんが、「初めのうちは時間が

かかっても良いから、じっくりおぼえよう」という心構えで、焦らずに取り組むのが大切です。


【1周年記念特典プレゼント中】ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~世界中を旅しながら「毎月70万円」を稼ぎ続けるツール登場!ドラストFX
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

FXはファンダメンタル分析も大切です [マネー]



ファンダメンタル分析とは、各国の金利、経済指標などの変化を分析して、今後の相場の

値動きを予測するという方法です。

FX投資家は、ファンダメンタル分析とテクニカル分析の両方を、バランスよく取り入れている

人が、勝ち残っていきます。

ファンダメンタル分析は相場の「大まかな方向」を予測すること、現在のトレンドがいつまで

続くのかを見極めることには、適しています。

ただ、一般の投資家が入手できるニュース・国際情報というのは、限られていますし、

タイミングも遅くなります。

また、2つの通貨を「ペア」で取引をしている場合でも、通貨の交換レートというのは

「二国間」だけの関係で決まるのではなく、様々なほかの国の影響も受けながら、相場の

値動きが決まります。

このため、ファンダメンタル分析だけでは「細かい値動きを完全に予測できる」といえません。

また、テクニカル分析だけで全ての予測ができるわけではありません。

テクニカル分析には「ダマシ」と呼ばれる現象があり、売りや買いのシグナルが出ても、

予想と逆の方向へ相場が動くということはあります。

このため、ファンダメンタル分析、テクニカル分析の双方のデメリットを知り、

それを補う形で、2つの分析方法を活用していくことが大切です。


【1周年記念特典プレゼント中】ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~世界中を旅しながら「毎月70万円」を稼ぎ続けるツール登場!ドラストFX

FXのテクニカル分析とは [マネー]

FXで勝つためには、相場の値動きを予測することが必要です。

その手段の一つとして「テクニカル分析」が用いられます。テクニカル分析は、チャートと

よばれる色々な種類のグラフや、過去の数値をもとに現在の相場状況を判断する

投資手法です。

相場の値動きを決める要素は様々なものがありますが、経済指標や様々なニュースなど

レートを左右させる全ての事柄が、チャートで示される過去の数値に含まれている、という

考えに基づいて分析をするのが、テクニカル分析です。

「過去の相場の値動き」を分析することにより、未来予測をする、という考えなのですが

「未来のこと」は誰にもわかりません。

テクニカル分析の結果は、7割は当たるという程度で考えておき、残りの3割は自分で判断

できるようになることが、大切です。

また、ファンダメンタル分析の要素を取り入れることも、相場の値動きの判断には重要です。

テクニカル分析を行う上で重要なことは、自分のトレード期間に合った分析方法を選ぶことです。

たとえば、同じ「ローソク足」でも、5分足から、日足、月足まで、様々な期間を設定できます

ので、自分に必要な設定をすることが大事です。

また、相場が過去とは違う動きをした場合には、テクニカル分析だけに頼っていると、

大幅に予想が外れることもありますので注意が必要です。


【1周年記念特典プレゼント中】ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~世界中を旅しながら「毎月70万円」を稼ぎ続けるツール登場!ドラストFX
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

FXはチャートの活用が大切です [マネー]

FX取引で勝つためには、為替相場のトレンドに乗るということが大切です。

チャートとは、為替レートの動きを折れ線グラフであらわしたような図のことで、チャートを

見ると、レートの過去の動きが一目で分かります。

チャートには、様々な種類がありますが、特に重宝され、活用されているのは「ローソク足」と

呼ばれるものです。「ローソク足」チャートは、株価や為替の値動きをわかりやすく視覚化

したものです。「ローソク足」は、期間の区切り方が様々であり、1日の値動きを示すものは

「日足」、1週間なら「週足」、1ヶ月なら「月足」、1年なら「年足」といいます。

これだけではなく「1分足」「5分足」「15分足」なども、使われています。ローソク足は、

陽線と陰線に大別されています。

陽線は、始値より終値が高く、通常は白か赤で表示され、上昇傾向にあることを意味します。

一方で、陰線は、始値より終値が低く、通常は黒か青で表示され、下降傾向にあることを

意味します。

そして、実態(胴体)部分から出ている線を「ヒゲ」と呼びます。

「ローソク足」は、多くの投資家が既に活用して、成功を収めています。

さらに、基本の「ローソク足」に、使いやすい応用を加えるといった方法で、様々な新しい

チャートが誕生しています。


【1周年記念特典プレゼント中】ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~世界中を旅しながら「毎月70万円」を稼ぎ続けるツール登場!ドラストFX
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

FXの自動売買とは [マネー]

FX会社は「自動売買」という機能を用意しています。自動売買とは文字通り、売買指示を

自動で行ってくれるものです。

指値や逆指値、IFD 注文やOCO 注文などを、事前に出しておくと、為替相場がその予約

していたレートになったら注文を受け付け、その後の決済も予約していたレートで自動的に

決済を行ってくれることになります。

自動売買機能を使うと自分が寝ている間でも取引を行ってくれます。

また、自動売買機能があるおかげで「これ以上、損失を拡大しそうになったら、ポジションを

手放す」という設定もでき、FX取引で最も大事なリスク管理も行えます。

また、自動売買機能は一度注文をしても、そのあとで何回でも修正をすることができます。

自動売買を活用すれば、ずーっと相場を睨んでいるという生活を、しなくてもすむようになります。

ただし、相場は何が起こるかわかりませんので、相場のチェックは定期的には必要です。

できれば1日1回は相場の状況をチェックし、既に出している注文を修正したほうがいいなら、

早めに対処をしましょう。

どんな場合にも「損失を拡大しないこと」が大事ですので、自動売買機能を活用して、損失を

拡大しないようにしましょう。


【1周年記念特典プレゼント中】ドラゴン・ストラテジーFX~三種の神器~世界中を旅しながら「毎月70万円」を稼ぎ続けるツール登場!ドラストFX
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。